製薬会社からの求人

都心に近い横浜にはたくさんの薬剤師が働ける環境が整えられています。薬剤師が働く職場で最も収入面で恵まれているのが製薬会社と言われていて、大手製薬会社の営業ともなれば、成績によっては30代でも年収1000万円以上をもらっている人が多いと言われています。

しかし製薬会社の営業の求人募集は調剤薬局やドラックストアなどからの募集に比べると極端に少なく、今では新卒しか採用しない企業も多くなっているので、中途採用で製薬会社に勤務することは難しくなっています。

製薬会社の営業は男性薬剤師が多い職業で、女性薬剤師は病院や調剤薬局を希望する人が多くなっていて、製薬会社に入社するためには最初から計画的に臨むようにしなければいけません。

希望の転職先を見つけるには

横浜で薬剤師の求人を探す時には、今では専門の転職サイトを利用する方法が最もおすすめとなりますが、横浜には東京ほどではありませんが、製薬会社や大手企業からの薬剤師の需要も高くなっていて、もちろん調剤薬局やドラックストアや病院などからの募集もたくさんあります。

薬剤師のように国家資格を持っている医療関係者を募集する求人案件は多く、薬剤師であれば仕事を選んで就職するこが可能となっていますが、大手製薬会社や病院などの人気のある職場には応募が殺到してしまうため、自分の希望通りの就職先は見つからない場合が多くなっています。

薬剤師専門の転職サイトを利用すれば、自分が希望している職場が見つかるまで仕事を探してくれるので、働きながらでも転職活動ができるようになっています。

性別による違い

全国的に薬剤師が最もたくさん働いているのは調剤薬局とドラックストアであり、横浜でも多くの薬剤師がそれらの職場に勤務しています。しかし調剤薬局は女性薬剤師が多い職場となっていて、男性薬剤師の多くは製薬会社などの企業への就職を望んでいます。

薬剤師はもともと女性が多い職業としても知られていますが、男性薬剤師の数も多く、その中には製薬会社の営業で稼ぐことを夢見て薬剤師の資格を取ったという人も多く見られます。

営業職には特別薬剤師の資格は必要ありませんが、薬剤師の資格を持つことで大手製薬会社に入社するのに有利になり、さらに製薬会社の営業として薬の知識を持っていることは、営業成績を上げるのには相当役立つことになります。

このように、女性薬剤師と男性薬剤師が目指す職場はかなり異なっています。